税理士法人への相談

 現在、私は相続税について悩んでいます。先日、私の父親が危篤状態になりました。峠は越しましたが、いつ事態が急変するかわからない状況です。父には、3000万円相当の有価証券と、持家と貸不動産を持っています。
 そこで、税理士法人の方にお尋ねしますが、このような資産は相続する場合どのような税法が関わってくるのでしょうか。また、控除要件等ありましたら教えていただけないでしょうか。私には母がおり3人兄弟の一番上で長女なのですが、私の下には長男・次男がおります。そのようなそのような場合の財産分与などについても詳しくお教え願います。相続税についてはやはり相続人それぞれにかかってくるものなのでしょうか。税理士法人の方よろしくお願いします。

税理士法人が、税金に関する疑問に答えてくれました。

私は長年サラリーマンとして勤めてきましたが、子どもの頃からの夢は商店経営だったので、今年の春に勤めていた会社を辞めて商店経営を始めました。しかし今までずっと会社勤めをしていた私には税金の事がよく分かりません。
商店経営を始めた私はもっと税金の事を知る為に、税理士法人に相談する事にしました。税理士法人は青空申告や消費税などの税金に関する様々な疑問点を丁寧に教えてくれたので、私の悩みは解消され今後も商店経営を続ける自信を持つ事が出来ました。

Copyright ©All rights reserved.税理士会計士情報 .